ホーム / アート / コレクティブ展「スピーチ」
キアラKrengielの仕事, 展覧会のスピーチ. 写真: ディスクロージャー.

コレクティブ展「スピーチ」

キュレーターLucianeバレンシア

4 7 月から 6 8月

アイデンティティは、人間の経験の基本的な特徴であります, それは社会的な世界での対象として憲法に人間を可能にします. グループ展のスピーチは関係なく、バイナリの決定の私たち自身や他の人の受け入れを表示する方法に反映させるために私たちを誘います, 費用や固定観念の自由. 7月にソフィテルイパネマ, 関係の普遍性に複数の言説を受け取ります, 今日の社会の文化の中でアイデンティティと多様性.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

多様性の対象の「認識と感謝, 性的多様性のための男女平等と尊敬の推進は、より公正な社会の実現に不可欠です. 私たちは、性差別や同性愛嫌悪の解体や変性に貢献したいです, 我々はすべての表現や経験の異なる可能性への権利を持っていることを示します。 " 展覧会のキュレーターLucianeバレンシアを説明.

集団であり 28 芸術家の作品: ビル・オリベイラ, Carolinneマシエル, キアラKrengiel, ダルトン Romão, マルセロMagonとマリア・マイア.

サービス:
スピーチ集団展示会
ローカル: カハ・カフェ - ソフィテルイパネマ
面会: 4 7 月から 6 8月, 午前8時から20Hまで毎日
アドレス: によって. ヴィエイラソウト, 460 - イパネマ
Pg
フランカを確認してください

.

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*