ホーム / アート / インテリア デザインの Cla. Rosangela Vig によって芸術文化
Projeto Interiores Cia. Arte Cultura. 写真: ディスクロージャー.

インテリア デザインの Cla. Rosangela Vig によって芸術文化

Rosangela_Vig_Perfil_2

VIGはRosângelaビジュアルアーティストと教師です 美術史.

美しいアートがテーマを持っているし、標準的なサイズを取得. 彼女のトランジットのための創造性と資金を探索するアーティストは、します。, あなたの考えで, 形や色によって. Foi essa a intenção do curador de Arte Paco de Assis, ao propor mais uma exposição. O tema “Interiores”, sugerido pelo renomado crítico de Arte Oscar D’Ambrósio, poderia ser sugestivo e diversificado em interpretações. Mas a inspiração do artista seguiu com a ideia adiante, levando cores e formas ao Museu do Café, em Botucatu; ao Centro Cultural Mestre Assis, em Embu das Artes; e agora, ao Piola, 私たちの庭園, サンパウロ.

A série de exposições que tiveram início em dezembro, seguiram por janeiro e iniciam o último trecho, ベルニサージュと, 上の 16 2月, ピオラジャルダンなし, サンパウロ, onde as obras dos 42 artistas ficam expostas até o dia 25 2月. A última parte do itinerário contará com a presença de artistas e de conhecedores da Arte. Mas talvez uma das mais belas partes do projeto, seja a doação de grande parte das obras expostas, para a Vida, Casa de Apoio da Granja Viana.

Entre os desafios estão o formato padrão de 30 X 40 da tela painel e a palavra “Interiores” que poderia passear pelo campo da subjetividade, conforme diz Oscar D’Ambrósio 1:

インテリア デザインは、2 つの異なると補完的なダイブを提案します。. 旅国の州の一つのインテリアとして、またはブラジルの腸を旅として読み取ることができます。. また、散歩として彼を理解することが可能です。, もっとまたはより少なく快適です, それぞれの経験によると, 自分たちで.

実際にはパスが快適なインテリアであると同時に痛みを伴う. 我々 が何にピアを含める, 私たちは誰と我々 がすることができます。, かどうかそれは個人または集団的球です。. 構築されたものの進歩を意味する何かヒットし、で必要、我々 が得ることができるにピアに反映.

それは, 全体で, 我々 が望むものと私たちが実際に共存. 従って起こる多様な造形表現を得ることができます落ち着きのなさ. 思うし、それぞれの能力は障壁によって制限されますが、それぞれの場所をあなたの興味によると, 条件と機能.

私たちが想像するものの間の距離および効果的に提供できるか密度の高いインテリアの意味.

事故の構造から生まれる深いまたはあるより深いブラジル, 挫折と進歩. 毎日, そう, 我々 はない悪い以上, 異なる, 自分自身の内部より.

E talvez seja valioso escutar o interior da alma, o interior do coração, os interiores do país. Todos interiores, tão intensos, tão ricos da alegria contagiante de um país banhado pelo sol e repleto de cores. ペーニャconferirをVALE.

¹ Oscar D ’ アンブロジオは教育学博士, 芸術と文化と Unesp から視覚芸術の修士号の歴史. 美術批評家国際協会会員 (ブラジル セクション).

Nome da exposição: Projeto Interiores – Pequenos Formatos

Nome dos artistas: Adilson リー, Ana Andrade, Antônia Célia, C言語. Morari, クリスティーナ リスボン, デニス Müller, Eduardo セイシャス, エルザカルバリョ, フランシーヌ Trulio, ガリーナ, Gonçalo され Borges, San Francisco のハシバミ, Iane Zanini, アグネス ビクトリア, Abdulkareem Mussara Pieratti, ハローキティ マリー, リザ ・ Ellwanger, Maria Paula Giacomini, マルコ ・ コスタ, Massako Koga, MF マルティナ Ficker, トニー, ラファエルが死亡, Raphaele Palero Raquel Iverniz, レジーナ フランコ, 情熱のレジーナ ・ マリア, レジーナ Velloso, Ricardo Alves, Rimaro, Rita Holcberg, ローザ東, Rosangela Vig, シルヴァーナ Borges, シルビア Carrano, サイモン ・ Abuhab, モタを助ける, Tiarô, ベラ役員, Vildete Pessutto, Vilson Pallaro, ジーナ Kossoy.
Quantidade de obras: 43 工場
Curador da exposição: パコ ・ デ ・ アシス
Períodos da exposições:
15/12/2015 a15/01/2016: コーヒー博物館- Fazenda LageadoBotucatu/SP
20 A 31/01/2016: 文化センター マスター Ahmed – Largo 21 4月, 29 – エンブー das Artes SP
02 A 21/02/2016: ピオラジャルダン – Alameda Lorena, 1765 – サンパウロ/SP

ベルニサージュ: 16/02/2016

.

.

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*