ホーム / アート / 芸術的な生産の設計-, 少しずつ 8 Rosangelaビグによって描き方

芸術的な生産の設計-, 少しずつ 8 Rosangelaビグによって描き方

Rosângela Vig é Artista Plástica e Professora de História da Arte.

VIGはRosângelaビジュアルアーティストと教師です 美術史.

芸術的な生産の設計-, 少しずつ 8 どのように描画する
Rosângelaビグによる

白の鉛筆

野生の真夜中に, 読んだとき, ゆっくりと悲しい,
Vagos, 好奇心科学古墳,
私はほとんど眠りに落ちる, どのような音を聞いた
誰か私の部屋のドアを軽くノックの音.
“訪問”, 私に言った, “私の部屋の扉を破って、.
これだけです。, そして、何より"
(カストロの人, 2008, P. 45)

エドガー ・ アラン ・ ポーはフェルナンド ・ ペソアによって見事に翻訳されました。. この詩の一節に, 夜のシーン, サイレント, 暗い場所を覚えています。. 多分夜の森林 (統計 1 と 2), エドガー ・ アラン ・ ポーのシーンのように暗いです。. 木, 月の微妙な光が部分的に関与します。, 浸透明快さと神秘的なシナリオを構成します。. フォレストの詳細の完全招待を入力します。, 魂 アーティスト.

Fig. 1 – Floresta à noite, com lápis de cor branco, Rosângela Vig.

イチジク. 1 の夜森, 白い色鉛筆で, Rosangelaビグ.

この作品を制作するには, 私たち使用用紙 A4 サイズ, 黒, テクスチャなし, 単位重量 160; 白い色鉛筆やカラー ペンシル ブラック; 広場. 白い色の鉛筆は、シーンに目立たせるための基本的な重要性. この色の鉛筆が破棄される多くの場合、, 暗い色の紙の上での使用が, あなたは美しい任意作業を行うことができます。. 時間がないこの図面を作りました。, 自由に働いて, フォームの精度を気にせず. 一番おいしい方法は、多分、 アート.

Fig. 2 – Floresta à noite, com giz pastel oleoso branco, Rosângela Vig.

イチジク. 2 の夜森, 油性パステル チョーク白, Rosangelaビグ.

水平方向に穏やかなストロークで開始私のシーン, 紙の真ん中に, 白鉛筆で作られました。, 正方形を使用してください。, ストレートに宿泊された私の地平線の. そこから, 川を脱いだ, 垂直方向の, vanishing point で. 木が描かれた川のほとり, 緩やかなリスクで, 下から上に. ログから, 枝をしました。, ツイストと角度の種類, 下からも, 緩いと短いリスク. 梢が描かれたとても軽く, 底にのみ表示されます, 我々 光の影響下にあります。. シーンの終わりに, ほぼ準備ができて, 消失点からくる光のみ, シートの中央に. 川で, 反射は光の原点に近づくことが大きく. そこから, 水の流れにより, 光の消, 紙の下に.

Fig. 3 – Barco à noite, com lápis de cor branco, Rosângela Vig.

イチジク. 3 -夜のボートします。, 白い色鉛筆で, Rosangelaビグ.

黒の鉛筆でシーンを終了でした。, 補強ができません賢明な枝、地面に木の影. ブッシュを脱いだ, 川の銀行に沿って, 白鉛筆で, 黒の鉛筆, 上から下へ, ゆったりと高速のリスク.

夜に続く外の風景と, 魅力的な予約とメランコリックです. 無口な夜の沈黙の中で, 暗闇の中を現実的にすることができます。, 怖い. または, のみ月の詩を抽出、木に浸透の叙情外観でうっとり心があります。. それは、彼の解釈を行うにはスピリット.

仕事の生産のビデオをチェックしてください夜の森:

.

.

スキ!? コメントを残す!

.

私たちと一緒に来て, Eメールによる最新の取得:

Rosangela Vig の芸術の歴史の記事:

.

参考資料:

カストロ, リー保育園. 構成の哲学. リオデジャネイロ: 出版社 7 手紙, 2008.

.

figurasとして:

イチジク. 1 - フォレスト ナイト, 白い色鉛筆で, Rosangelaビグ.

イチジク. 2 - フォレスト ナイト, 油性パステル チョーク白, Rosangelaビグ.

イチジク. 3 - 船泊, 白い色鉛筆で, Rosangelaビグ.

.

.

注釈

芸術的な生産の設計-, 少しずつ 8 de como desenhar por Rosângela Vig O Lápis Branco Numa meia-noite agreste, 読んだとき, ゆっくりと悲しい, Vagos, 好奇心科学古墳, 私はほとんど眠りに落ちる, ouvi o que parecia O som de alguém que batia levemente a meus umbrais. "Uma visita", 私に言った, "está batendo a meus umbrais. これだけです。, そして、何より" (カストロの人, 2008, P. 45) エドガー ・ アラン ・ ポーはフェルナンド ・ ペソアによって見事に翻訳されました。. この詩の一節に,…

レビューの概要

一貫性
凝集
コンテンツ
クラリティテキスト
フォーマッティング

優れた!!

要約 : 記事を評価する! ご参加いただきありがとうございます!!

ユーザー評価: 4.72 ( 7 投票)

2 注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*